エチオピア連邦民主共和国

Ethiopia

 

関係先リンク

駐日エチオピア連邦民主共和国大使館

外務省国別ページ

JICA 各国における取り組み

アフリカ開発銀行国別ページ(英語)

政策研究大学院大学(GRIPS開発フォーラム)Creativity in Motion Ethiopia

 

JICAプロジェクト研究、チャンピオン商品アプローチのブランディングサイト
“Creativity in Motion”。エチオピアで撮影したプロモーションビデオもご覧い
ただけます。

 

GRIPS開発フォーラム提供 日系企業向けエチオピア投資情報

日本語版

英語版

 

日本-アフリカビジネスフォーラム2014 ビジネスパートナーシップセミナー プレゼン資料

『アフリカへのダイレクトアクセス』

(Mr. Tewolde GebreMariam, CEO of Ethiopian Airlines)

 

在京エチオピア連邦民主共和国大使館からの情報提供

正式名称:エチオピア連邦民主共和国(FDRE)

首都:アディスアベバ

面積:114万平方キロメートル

人口:8090万人以上(2010年度)

1人あたりのGDP:382.20米ドル(2010年)

~政治~

□エチオピアはアフリカで最も安定した国 だと考えられています。

□1995年に制定された憲法では、複数政党の政治制度が規定されています。

□議員の選出は成人による普通選挙で5年ごとに行われます。

□政権は、人民代表議会(HPR)で過半数を構成する政党または連立政党が担うことになっています。

□首相は行政権を持ち、任期は5年で、人民代表院(HPR)のメンバーの中から選出されます。

□政治体制は「人民代表議会」(HPR)および「連邦院」(HoF)からなる二院制の議会制度となっています。「人民代表議会」が連邦政治の最高権威となっています。

□犯罪の発生率は低く、人や財産の安全性は高いレベルにあります。

□途上国の中では、エチオピアは最も汚職の少ない国だ考えられます。

~経済状況~

ミレニアム開発目標(MDGs)を達成するため に、主要な部門で膨大な数の取り組みが実施 された結果、エチオピアの経済状況は持続可能な広範囲にわたる2桁の成長を達成するこ とができました。2010年度には実質GDP成長 率は11.4%となり、前年度より若干高い数値 となっています。

エチオピア経済は農業が中心で、2010年度で 国内総生産(GDP)の41.1%、外貨収入の90%、 雇用者人口の50%を農業が占めています。エ チオピア全体の経済成長は農業分野の業績 に大きく関係していると言っても過言では ありません。

コーヒーはエチオピア経済を大 きく左右し、2010年度の輸出高は、8億4180 万米ドルにも上っています。この他の輸出製 品(2010年度)としては、金、油糧種子、チ ャット(嗜好品植物)、切り花、家畜、豆類、 原皮・皮革製品、食肉・肉製品、果物・野菜 類などがあります。産業部門は主に中小規模 の企業で構成されており、GDPの13%を占め ています。

サービス部門は、社会福祉、商業、 ホテルおよびレストラン、金融、不動産、運 輸および通信などで構成され、GDPの46%を 占めています。2010年度の平均実質GDP成長 率は10.4%となっており、世界が経済崩壊と 金融危機という状況にもかかわらず、エチオ ピアはサハラ以南のアフリカの国々の中で は最も経済的な成長を遂げた国となってい ます。

全ての部門がこうした比較的高い経済 成長率に貢献しており、農業、産業、サービス業は年間それぞれ9%、15%、12.5%の成 長率となっています。下図は2010年度のGDP に対する3分野の絶対成長率および占有率を 示したもので、2008年度、2009年度、2010年 度の年間インフレ率は、それぞれ36.4%、 2.8%、18.1%となっていますが、これは主 に食料品の高騰によるものです。

2009年度末の銀行間為替市場の平均限界交 換率が1米ドルに対し13.68ブルであったの に対し、2010年度末では1米ドルに対し16.53 ブルとなりました。

 

 

関連記事

1 / 812345...最後 »