ルワンダ共和国

Rwanda

関係先リンク

駐日ルワンダ共和国大使館

外務省国別ページ

アフリカ開発銀行国別ページ(英語)

2014年9月30日JCCP M主催 『ルワンダビジネスセミナー The Entrance of Africa, Rwanda プレゼン資料

RWANDA: A STRATEGIC LOCATION FOR DOING BUSINESS IN EAST AND CENTRAL AFRICA(英語)

ムリガンデ駐日ルワンダ共和国大使

 

在京ルワンダ共和国大使館からの情報提供

Embassy of the Republic of Rwanda in Japan

 

ルワンダ駐日大使からのご挨拶

 ルワンダ駐日大使として、アフリカビジネス振興サポートネットワーク(AB-NET)のルワンダ情報ページにアクセスいただいた皆さまを心から歓迎いたします。

ルワンダは「千の丘の国」と呼ばれるたいへん美しい国であり、皆さまに安全でとても平和な生活・ビジネス環境を提供しております。ルワンダは世界でも最も低水準の犯罪発生率、アフリカ大陸で最も清潔な首都、そして汚職に対するゼロトレランス(不寛容)で有名です。

ルワンダに投資すべき理由は無数にありますが、ここでそのいくつかをご紹介しましょう。

 

  • 世界銀行の報告書「Doing Business 2014(ビジネス環境の現状2014)」によれば、ルワンダはアフリカで2番目にビジネスがやりやすい国であり、世界で最も改革が成功した国である。
  • 世界経済フォーラムの「Global Competitiveness Report 2013(グローバル競争力レポート2013)」によれば、ルワンダはアフリカ諸国のなかでビジネス競争力が第3位とされている。
  • ルワンダ開発委員会の「ワンストップ・センター」により、会社登記はわずか6時間で完了し、法人設立認可証を取得できるだけでなく、納税者番号と、従業員の年金申請のための社会保障登録証も取得できる。
  • ルワンダは2014年以降、年平均8%の成長率、低いインフレ率、為替相場の安定を実現している。
  • ルワンダは地理的に戦略上重要な立地にあり、中央アフリカ・東アフリカ地域(合計人口1億5000万人)の市場を対象とするうえで、理想的な商業拠点となっている。
  • ルワンダは、農業、農産物加工、エネルギー及び輸送インフラ、ICT、金融サービス、鉱業、観光、製造、不動産、皮革加工などの分野における幅広い投資機会を提供している。
  • ルワンダは政治的に安定し、制度は良好に機能し、法の支配が確立されている。

 

ルワンダはアフリカのまさに中心部に位置し、希少種として有名で観光客に大人気のマウンテンゴリラの生息地でもあります。ルワンダは「内陸に封じ込められた(landlocked、海を持たない内陸国の意)とされていますが、ルワンダ自身は、「陸地でつながった(land-linked)」国であると捉えており、アフリカの中央部・東部地域のサービス・ハブになろうという構想を持っています。ルワンダはインフラ開発に巨額の投資を進めており、現在では国内のあらゆる通商拠点・行政拠点が全国規模の光ファイバーケーブルによるバックボーンで接続されており、サブサハラ・アフリカで最高の情報技術インフラを備えています。

ルワンダについてもっとよく知っていただくためには、このページでご紹介するウェブサイトにアクセスしていただくか、直接、ルワンダ駐日大使館に連絡を取っていただければ幸いです。

 

電話:03-5752-4255

ファックス:03-3703-0342

電子メール:info@rwandaembassy-japan.org

 

大使

チャールズ・ムリガンデ(博士)

 

 

基本的な歴史・地理情報

 

  • 独立:1962年7月1日
  • 総面積:26,338km2
  • 人口:1053万7222人(2012年8月15日国勢調査による)
  • 国語:キニアルワンダ語
  • 公用語:キニアルワンダ語、英語、フランス語
  • 通貨単位:ルワンダ・フラン(RWF)

 

重要な数値

国内総生産(GDP)の成長

年度 GDP(購買力平価、PPP GDP(実質成長率) 国民1人あたりGDPPPP
2012 71億米ドル

8%

644米ドル
2011 63億5000万米ドル

8.2%

593米ドル
2010 56億3000万米ドル

7.2%

540米ドル
2009 52億6000万米ドル

6.2%

519米ドル
2008 47億1000万米ドル

11.2%

479米ドル

 

2012年におけるGDPの部門別構成(6%の調整済み)

農業

工業

サービス

GDPに占める比率(%)

33%

16%

45%

 

通貨:ルワンダ・フラン(RwF)の主要通貨に対する為替レート(20141月)

1米ドル

1ユーロ

1円

1英ポンド

ルワンダ・フラン

675RwF

912RwF

6.5RwF

1107RwF

(最新の数値は中央銀行のウェブサイトで入手できる。www.bnr.rw

 

ルワンダに投資すべき理由:

1. 高い経済成長率を維持

  • GDP成長率は前年比平均8%、インフレ率。為替レートは安定している。
  • 健全なマクロ経済運営と堅実な財政規律。

 

2. しっかりしたガバナンス

  • カガメ大統領が発表した、民間投資主導の明確な成長ビジョン(ビジョン2020)
  • 良好に機能する制度、法の支配、汚職に対するゼロトレランスによる政治的な安定

 

3. 投資家に優しい環境

  • 外国人投資家にとってますます魅力を増す投資先。
  • 東アフリカでは1位、アフリカ全体では3位の競争力を有するビジネス環境(「Global Competitive Index Report2013-2014」)
  • 東アフリカでは1位、アフリカ全体では2位の企業に優しい環境(「Doing Business Report2013-2014」)
  • 新経済特区が開発され運用を開始。さらに多くの特区が計画中。
  • ルワンダ開発委員会のワンストップ・ショップでは、専門的かつ個別事例に特化された支援が得られる。

 

4. 市場への優れたアクセス

  • 急速に拡大する中産階級を含む1100万人以上の市場。
  • さまざまな地域経済共同体による関税同盟・統一市場を通じた、さらに大きな市場へのアクセス。ルワンダは、東アフリカ共同体(EAC、5カ国1億3000万人)、東南部アフリカ市場共同体(COMESA、19カ国3億900万人)、大湖諸国経済共同体(CEPGL、3カ国8000万人)に加盟している。

 

5. 優秀な労働市場

  • ルワンダは労働生産性が非常に高く、優秀で柔軟な労働力を供給している。
  • またルワンダの労働人口は、知識ベース産業においても能力を向上させつつその活躍を見せている。

 

6. 未開拓の機会

潜在的な投資機会は豊富であり、特に以下の部門が有望である。

  • インフラ
  • 農業
  • エネルギー
  • 観光
  • 情報通信技術
  • 鉱業
  • 金融サービス
  • 不動産及び建設
  • 製造

 

投資インセンティブ及び税制

認可を受けた投資家は、次のような、投資法(Investment Code)に規定するさまざまな支援及びインセンティブを受ける資格を有する。

  • プラント、機械、設備の輸入に関する輸入関税及び売上税の免除。輸入関税についてゼロ税率が設定されている品目については、それらの品目に課されるべき売上税が免除され、輸入関税についてゼロ税率が設定されていない品目については、通常であればこれらの品目に課されるすべての税の代わりに、輸入額に対し5%の一律課金が行われる。
  • 事業初年度は、投資額の30%まで投資控除が認められる。
  • さらに、課税所得から50%の研修・研究・製品開発費が控除される。
  • 事業用地にインフラを提供するコストを完全に控除する権利が認められる。また、投資家が輸出企業であり、自由輸出特区以外で事業を営んでいる場合には、輸入原材料について納められたすべての税に関して払い戻しが行われる。
  • 研究開発コストの100%控除。
  • 対外共通関税:原材料及び設備投資は0%。中間財は15%。完成品は25%。
  • 資本及び利益の自由送金が憲法で保護されている。
  • 戦略的部門には追加的な財政インセンティブが設けられている。
  • 高い付加価値、技術移転、優先部門への投資の能力を示している投資家は、さらに税制・投資上のインセンティブを受けられる可能性がある。また、自由輸出経済加工特区で事業を営む投資家に関しては、税制優遇を含む追加的なインセンティブがある。

 

国際組織への加盟

ルワンダは、以下に示すような、潜在的投資家の利益となる多数のグローバル組織・地域組織、条約に参加している。

  • アフリカ貿易保険機関(ATI)
  • 東南部アフリカ市場共同体(COMESA)
  • 東アフリカ共同体(EAC)
  • 欧州連合・アフリカ・カリブ海・太平洋沿岸諸国によるコトヌー協定(ACP)
  • 投資紛争解決国際センター(ICSID)
  • 多数国間投資保証機関(MIGA)
  • 工業所有権の保護に関するパリ条約、万国著作権条約、文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約
  • 世界知的所有権機関(WIPO)
  • 世界貿易機関(WTO)
  • 大湖諸国経済共同体(CEPGL)
  • またルワンダは、複数の二国間投資条約(BIT)、二重課税防止条約(DTT)に調印している。

 

投資に関する詳細については以下のURLを参照されたい。

ルワンダ開発委員会:http://www.rdb.rw

 

その他の便利なリンク

-ルワンダ駐日大使館:http://www.rwandaembassy-japan.org/

-ルワンダ政府:www.gov.rw

-ルワンダ移民局:www.migration.gov.rw

-外務・対外協力省:www.minaffet.gov.rw

-財務・経済企画省:http://www.minecofin.gov.rw/

-通商産業省:http://www.minicom.gov.rw/

-国家統計局:http://www.statistics.gov.rw/

-ルワンダ民間部門連盟:http://www.psf.org.rw/


 

 

MESSAGE FROM THE AMBASSADOR  OF RWANDA TO JAPAN

As the Ambassador of Rwanda to Japan, I am honored and pleased to welcome you all to this information page on Rwanda of the Africa Business Community in Japan Network (AB-NET).

Rwanda is an exceptionally beautiful country, commonly called “Country of Thousand Hills”, which offers you a safe and very peaceful living and business environment. Rwanda is indeed known to have one of the lowest crime rates in the world, the cleanest Capital on the African Continent and a zero-tolerance for corruption.

There are countless reasons why one should invest in Rwanda and here are a few of them:

 

  • According to the World Bank Doing Business Report of 2014, Rwanda is the 2nd Easiest place to do business in Africa and the best Global Reformer;
  • Rwanda is ranked the 3rd competitive African Country to do business by the World Economic Forum Global Competitiveness Report of 2013;
  • The Rwanda Development Board’s One Stop Center enables company registration in just 6 hours and you not only obtain a certificate of incorporation, a Tax Identification Number and the Social Security Registration for employee pension submission.
  • Rwanda has enjoyed an average 8% growth rate since 2014, low inflation and stable currency;
  • Rwanda is situated in a strategic geographical location, which makes it an ideal commercial base for servicing markets in the central and East African region (150 million people).
  • Rwanda offers a wide range of investment opportunities in areas such as agriculture, Agro- processing, Energy and Transport infrastructure, ICT, Financial services, mining, tourism, manufacturing, real estate, leather processing among others.
  • Rwanda enjoys political stability, well-functioning institutions and the rule of law.

 

Rwanda is located in the very heart of Africa and is home of the famous rare Mountain Gorillas which are the hottest tourist attraction.  Although Rwanda is described as a “landlocked”, it rather sees itself as a land-linked country and has the vision of becoming a service hub for the Central and Eastern region of Africa.  It has been investing massively in infrastructure development and has currently the best Information Technology Infrastructure in the Sub-Saharan Africa with a National fiber optic cable backbone linking all trading and administrative centers in the country.

You can discover more about Rwanda by visiting the websites shown here under and/or by contacting directly the Embassy of Rwanda in Japan at:

 

Telephone: 03-5752-4255

Fax: 03-3703-0342

Email: info@rwandaembassy-japan.org

 

Dr. Charles MURIGANDE 

Ambassador

 

 

 BASIC HISTORICAL AND GEOGRAPHIC INFORMATION: 

 

  • Independence Day: 1 July 1962
  • Total area : 26,338 km²
  • Population : 10,537,222 (on 15 August 2012 National Census)
  • National Language : Kinyarwanda
  • Official languages : Kinyarwanda, English, French
  • Currency : Rwanda Franc (RWF)

 

SOME KEY FIGURES:

Gross Domestic Product Growth 

Year GDP (Purschasing Power Parity -PPP) GDP (Real Growth Rate) GDP per Capita (PPP)
2012 US$ 7.10 billion

8%

US$644
2011 US$ 6.35 billion

8.2%

US$593
2010 US$ 5.63 billion

7.2%

US$540
2009 US$ 5.26 billion

6.2%

US$519
2008 US$4.71 billion

11.2%

US$479

 

GDP Composition by sector in 2012 (6% adjustment):

Agriculture

Industry

Services

Contribution to GDP in %

33%

16%

45%

 

Currency: Rwandan franc (RwF) Exchange rates against major currencies (January 2014):

One US Dollar One Euro One Japanese Yen One U.K Pound
Rwandan Franc

RwF 675

RwF 912

RwF 6.5

RwF 1107

(Latest figures available at the Central Bank website www.bnr.rw )

 

 

Why Invest in Rwanda :

 

1. Sustained High Economic Growth

  • 8% average year-on-year GDP growth, stable inflation and exchange rate.
  • Sound macroeconomic management and robust fiscal discipline.

 

2. Robust Governance

  • A clear vision for growth through private investment set out by President Kagame (Vision 2020).
  • Politically  stable with well-functioning institutions, rule of law and zero tolerance for corruption.

 

3. Investor friendly climate

  • Increasingly attractive destination for foreign investments.
  • Most competitive place to do business in East Africa and 3rd in Africa (Global Competitive Index Report 2013-2014).
  • Most friendly doing business environment in East Africa and 2nd in Africa (Doing Business Report 2013-2014).
  • New  Special  Economic Zone developed and operational. More zones  planned for the districts.
  • Dedicated and personalized assistance at Rwanda Development Board’s one-stop-shop

 

4. Access to markets

  • Market of over 11 million people with a rapidly growing middle class.
  • Access to a bigger market through customs unions and common markets of various regional economic communities.  Rwanda is part of the East African Community – EAC ( 5 States with 130 million people), the Common Market of East and Southern Africa – COMESA (19 countries with 309 million people) and Economic Community of Great Lakes Countries – CEPGL (3 countries with 80 million people).

 

5. Excellent Labor Market

  • Rwanda has a very  high labor efficiency and offers an excellent and flexible supply of labor.
  • Rwanda’s workforce is also demonstrating increasing capacity in knowledge-based industry.

 

6. Untapped Opportunities

Potential opportunities for investment abound, particularly in the following sectors:

 

Investment Incentives & Tax Codes

Approved investors are entitled to a range of benefits and incentives provided for in the Investment Code, including:

  • Exemption from import duties and sales taxes on imports of plant, machinery and equipment. Items which are zero import tax rated are exempted from sales tax otherwise payable on those goods, while, for items which are not zero import tax rated, a single flat fee of 5% of the value of the imported items is payable in lieu of all taxes and duties which would normally be imposed on such goods.
  • Investment allowances of 30% of the value of invested capital during the first year of operations.
  • Additional deduction from taxable income of 50% of training, research and product development costs.
  • The right to fully offset the cost of providing infrastructure to the site of the business operations; and Duty drawback for all duties and taxes paid on imported raw materials if the investor is an exporter who is operating outside a free export economic zones.
  • 100% write off of R&D costs
  • Common external tariff: 0% on Raw materials and Capital Equipment: 15% on intermediate goods: 25% on finished goods
  • Constitutionally protected free repatriation of capital and profits
  • Additional fiscal incentives in strategic sectors
  • Investors who demonstrate capacity to add more value, technology transfer, and invest in priority sectors may also receive enhanced tax and investment incentives, while there are additional incentives for an investor operating in a Free Export Economic Processing Zone including greater tax benefits

 

Membership to International Organizations

Rwanda is a member of a number of global and regional organizations and treaties of interest to potential investors, including the following:

  • The African Trade Insurance Agency (ATI)
  • The Common Market for Eastern and Southern Africa (COMESA)
  • The East African Community (EAC)
  • The Cotonou Agreement between the European Union and African, Caribbean and Pacific States (ACP)
  • The International Centre for the Settlement of Investment Disputes (ICSID)
  • The Multilateral Investment Guarantee Agency (MIGA)
  • The Paris Convention on Intellectual Property, the Universal Copyright Convention and the Berne Copyright Convention
  • The World Intellectual Property Organization (WIPO)
  • The World Trade Organization (WTO).
  • Communauté Economique des Pays des Grand Lacs (CEPGL)
  • Rwanda has also signed several bilateral investment treaties (BITs) and double taxation treaties (DTTs).

 

For detailed information on investment see on the URL below:

Rwanda Development Board: http://www.rdb.rw/

 

Please find hereunder other useful links:

-Embassy of Rwanda to Japan: http://www.rwandaembassy-japan.org/

-Government of Rwanda:  www.gov.rw

-Rwanda Immigration and Emigration: www.migration.gov.rw

-Ministry of Foreign Affairs and Cooperation: www.minaffet.gov.rw

-Ministry of Finance and Economic Planning: http://www.minecofin.gov.rw/

-Ministry of Trade and Industry: http://www.minicom.gov.rw/

-National Institute of Statistics: http://www.statistics.gov.rw/

-Rwanda Private Sector Federation: http://www.psf.org.rw/

 

 

 

 

 

関連記事

1 / 41234