べーカー&マッケンジー法律事務所

B&M-Animated-Logo_550x50px

中東アフリカにおける事業支援

ベーカー&マッケンジーは、世界46カ国に74オフィス、4,000名以上の各国弁護士資格者を擁する、世界最大級の国際総合法律事務所です。中東・アフリカ全域に9つの事務所を構え、そのネットワークを最大限に活用するとともに、地の利と幅広い現地法に関する知識を活かし、効率的に案件を取り扱っています。 中東・アフリカでは、サウジアラビアのリヤド事務所(1980年)、エジプトのカイロ事務所(1985年)の開設以降、着実に中東・アフリカ地域におけるプレゼンスを拡大してまいりました。現在では、これら2つの事務所に加え、バーレーンのマナマ(1998年)、アラブ首長国連邦のアブダビ(2009年)、カタールのドーハ(2011年)、トルコのイスタンブール(2011年)、モロッコのカサブランカ(2012年)、南アフリカのヨハネスブルグ(2012年)、アラブ首長国連邦のドバイ(2013年)に事務所を置いています。

中東アフリカグループ

中東アフリカグループの代表を務める伊藤(荒井)三奈は、15年以上の実務経験のうち、約3年間をベーカー&マッケンジーのカイロ事務所で過ごし、中東・アフリカにおける案件を数多く手掛けてまいりました。現在は東京事務所において、中東・アフリカを含む新興国で事業を展開する日本企業の投資案件や訴訟案件を取り扱っており、現地での実務経験で得た土地勘や人脈に基づき、中東・アフリカへの投資を検討する国内外のクライアントにアドバイスを提供しています。 当グループは、経験豊富で優れた実績を有する世界各地の弁護士が所属しており、複雑なクロスボーダー案件や大型プロジェクト、プロジェクトファイナンス、企業法務に関連する問題において、クライアントを支援しています。

中東アフリカにおける業務支援の詳細はベーカー&マッケンジー法律事務所のホームページをご覧ください。

現地の大手協力法律事務所との確固たるネットワーク

ベーカー&マッケンジーは、事務所を開設していない国においても、信頼のおける現地の弁護士や税務の専門家、法律事務所と協働して新興市場チームを編成し、極めて困難とされる国や地域における複雑な案件においても、クライアントのニーズに対応しています。当グループは、多様な文化が存在する地域の複雑性を真に理解し、その理解に基づいて実務的なアドバイスをクライアントの所在地に関わらずシームレスに提供することが可能です。

中東アフリカグループ代表

 

伊藤(荒井)三奈 東京オフィス
伊藤(荒井) 三奈

現地メンバー

 

08042 ハビブ・アル・ムッラ

タヘル・ヘルミー

アラブ首長国連邦
アブダビ・オフィス
ボリス・ダッキウ
アラブ首長国連邦
ドバイ・オフィス
ハビブ・アル・ムッラ
エジプト
カイロ・オフィス
タヘル・ヘルミー
タハン・スラーヤ ジョージ・サイエン

イスマイル・エスィン

カタール
ドーハ・オフィス
タハン・スラーヤ
サウジアラビア
リヤド・オフィス
ジョージ・サイエン
トルコ
イスタンブール・オフィス
イスマイル・エスィン
ナセル・アルファラジ 41545 カマール・ナスロッラー
バーレーン
マナマ・オフィス
ナセル・アルファラジ
南アフリカ
ヨハネスブルグ・オフィス
ウィルドゥ・ドゥ・プレシス
モロッコ
カサブランカ・オフィス
カマール・ナスロッラー

ベーカー&マッケンジー法律事務所の中東アフリカにおける業務支援の詳細はこちらへ 》

お問い合わせ

専門性を視野に入れた現地弁護士の人選・紹介から、案件全体の質の管理、費用のご相談など、中東アフリカグループ代表 伊藤(荒井)三奈または、MEA Support Deskまでお問い合わせください。

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
住 所 : 〒106-0032 東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山森タワー28F
電 話 : 03-6271-9900

最近の記事

過去の記事はこちら